揮発性

なんにも残らない

遠征する人がキャリーケースを買いました

moarh.hatenablog.jp

 同世代で地方在住というところにシンパシーを感じ、一方的にブログ更新を追っているあややさん。キャリーケースの購入を検討されていたので、お蔵入りだった下書きに手を加えて新年一発目の記事にします*1

 

 

 2017年の頭に、キャリーケースを買った。

 それまで1泊ならL.L.Beanのトートバッグでやり過ごしていたが、転職してからは泊まりの出張も増え、トートでは足りなくなってきた。趣味方面でも、苗場やフィギュアスケートの遠征は荷物が多い。学生時代に¥2,000で買った、ふた昔前の腐女子が池袋で引いてそうなペラッペラのキャリーケースも限界だったので、思い切って新調した。

 「キャリーケース 選び方」で検索すれば、個人ブログから鞄屋のホームページまで沢山出てくる。しかしオタクが欲しい情報にはなかなか出会えなかったので、「何らかのオタクでしょっちゅう遠征している人間がキャリーケースを買うまで」を書いておこうと思う。

 

 

 

 私が定めた条件は以下の通り。

 

①機内持ち込みサイズ

②メーカー品

③横幅:外寸35cm以下

3233以上

3kg以下

⑥予算は¥20,000

 

 こうやって書くと多い。TSAロックは大抵どれにも付いているので条件に入れていないが、絶対に鍵をなくす自信があったので、どちらかといえば鍵タイプよりダイヤルタイプかな~程度に考えていた。

 

 

 

①機内持ち込みサイズ

 23泊ならこれくらいのサイズで事足りるし、空港で荷物を預けたり、荷物受取場で出てくるのを待つのが煩わしい。羽田に着いて即京急に乗りたい時もあるのだ。

 

②メーカー品

 目利きに自信がないので、ちょっと調べたら出てくるようなメーカーのものを選び、¥5,000でお釣りがくるような安価な製品は避けた。

 

③横幅:外寸35cm以下

 なぜこの横幅かと言うと、駅の小型ロッカーに入れるためである。遠征スケジュールやホテルの立地によっては、荷物をコインロッカーに預ける必要がある。しかし中型ロッカーは料金が高いし設置数も少ない。小さいロッカーに入るキャリーケースなら、ロッカーを探す手間とストレスがかなり軽減される。

 通販サイトを見ていると「小型コインロッカー対応」を謳うものはたくさん売られているが、そういう商品は容量が30未満の小さいものが多い。よって独自に「総横幅が3335cm」という基準を設け、地道に外寸を見ていった。また、サイドに持ち手や底鋲がついているもの、鍵部分の出っぱりが大きいものも出し入れに引っかかりそうなので避けた。

 ※ロッカーのサイズはメーカーによって若干異なります。またキャリーケースもメーカーによってサイズの測り方が異なると思うので、参考程度にお願いします。

 

④32〜33ℓ以上

⑤3kg以下

⑥予算は¥20,000

 私だって、お金があればステッカーだらけのリモワを引いて遠征したい。が、予算には限界がある(そもそもそんなお金があったら遠征したい)。

 楽天やアマゾン、鞄メーカーのオンラインショップを見比べて、これくらいの基準にした。

 

 

 

 キャリーケース買いたい!となったきっかけが、こちらのhantシリーズ。外側も内側も可愛い。当時イエロー(廃盤?)が¥18,000くらいで売られていて、候補に入れていた。

 開いても中身が見えない造り、キャスターストッパーがついているのもニクい。横幅が少し広いのが惜しかった。外寸幅36cm

 見た目だけで言えば初代のラミエンヌがダントツ1位だが、重さと容量と予算で早々に断念。エース製。

 

 hantよりもキラキラした甘めのライン。サイズもお値段も今回の条件にぴったり。

 ジュエルナローズには、ディズニーコラボや編みかご風のデザインもあり、ロマンチックで可愛い。とっても可愛い。……そう、私が使うには可愛すぎた……。エース製。

 

 

 一気にスーツケース然とした商品になったが、明るい色もあっていいなと思っていた。

 気持ち容量が少なめなのが残念。同メーカーのアローナライトシリーズは32入りますサムソナイト傘下のアメリカンツーリスター製。

 

 

 こちらは私がキャリーケースを購入した後に見つけたので、正確には候補ではなかった。

 小型ロッカーに入るか微妙なところだが、機内持ち込み可で40は珍しい。今まで知らなかったメーカーだが、これにしてもよかったなと思う。

 

 

 そして、最終的に購入したのはこちら。

www.amazon.co.jp

 廃盤品ですみません。

 7色くらいカラーバリエーションがあって、何色を買ったかは内緒。

 2017年の時点でセールになっていて、かなりお安く買えた。ちょっと野暮ったい見た目だけど、明るい色で取り違えにくい。そして軽い。

 国内のみの遠征だが、この2年で破損もなく快適に使えている。今のところ駅の小型ロッカーに入らなかったことはないので、頑張ってサイズ表を見まくった甲斐があった*2

 内側のクロスバンドは簡単に荷崩れを起こすので、両側ジッパーやパネルで押さえられるものの方がよかったかも。不便なのはそれくらい。サンコー製。

 

 

 

 同じく遠征をする人で、購入の際にこだわったポイントがあれば私も知りたいです。みなさま2019年も快適な遠征ライフを。

 今年の目標は、もっとマメにブログを更新することです。最後になりましたが、本年も何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

*1:町田さんの引退記事はまだ書けてない。書きたいことはたくさんあるのに、書こうとすると手が止まる。いつかちゃんと書きます

*2:ポリカーボネート製は多少たわむので、キャリーの鍵の部分を少し内側に押し込めばいい感じに入ります